アメリカ・フィラデルフィアで2年間を過ごし、2011年7月に帰国。なにげない毎日を楽しく綴ります。

by aya-0622-yama

<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今日もいい天気。

今日は朝から夫と一緒に学校へ。いつもの学校内のカフェでのんびりしとります。
a0133338_19521019.jpg
今日突然現れた卓球台。ポッコンポッコンのピンポンの音がカフェに響きわたってます。
a0133338_195336.jpg

[PR]
by aya-0622-yama | 2011-05-30 19:54 | 毎日の出来事in France

ベルギー旅行記②

2日目は朝から「JEAN-PHILIPPE DARCIS」チョコレート屋さんへ。日本では京都大丸に入っているとか。なぜか店員さんが2人とも日本人。「いらっしゃいませー」と言われビックリ。

たくさんの種類のチョコレートとケーキが並び、朝から大興奮。試食をもらうも花の風味もチョコレートでががーん。(わたくし、花の風味のチョコは嫌いですの。)ここではオレンジピールとトリュフをゲット。
a0133338_18281371.jpg
本日の朝食はブリュッセルワッフル。かたいモッテリしたワッフルよりも、フワッフワのワッフルがすきな私。前の会社の近くのマザーリーフで何枚おかわりしたことやら。老舗「Dandoy」へ。夫はキャラメルソース、私は朝からいちごとバニラアイスのワッフル。外がカリッカリ、中がフワッフワで美味~。
a0133338_18313673.jpg
お腹が満たされたあとは、「タンタンショップ」へ。タンタンの物語は読んだことがないんだけど、おもしろそう・・と本を広げるもフランス語。日本に帰って読もう。夫にタンタンクリアファイルを学校で使えばいいと勧めてみたけど却下。かわいいのに。
a0133338_183259100.jpg
王宮を目指し坂を上ると最高裁判所がどどーん。高台からはブリュッセルの下町が見渡せます。
a0133338_18345354.jpg
王宮には実際に王が住むことはないけれど、国内に王がいるときには国旗が上がっているのだとか。
a0133338_18362749.jpg
サブロン教会。
a0133338_18381219.jpg
そしてのぞいてみたかった「ビレロイボッホ」。
a0133338_18393942.jpg
今まで見たことのない種類などもあって大興奮。でもアメリカの物の安さに慣れてしまって、ユーロはやっぱり高い~。日本と変わらない値段。

ベルギービールのお店も山ほど。スーパーで「Leffe」のラベルが逆さになっているものがあって、「見たことない。限定商品か!?」と思いきやただの貼り間違い。なんだよ。
a0133338_18403225.jpg
ちょっと遅めのランチはムール貝の有名店「Chez Leon」で。ムール貝の白ワイン煮とクロケッタ、ベルギーチキンをオーダー。どれもこれもおいしい。ムール貝の白ワインが強く、食べてるだけで酔っぱらったわたくし。
a0133338_18421762.jpg
1泊2日のベルギー旅行は大満足で終了~。ビールを山ほど車につんで次の目的地へ出発です。
[PR]
by aya-0622-yama | 2011-05-30 18:45 | 旅行*ベルギー

ベルギー旅行記①

フォンテーヌブローから車で3時間半のベルギー・ブリュッセル。陸路だと入国審査もなく、気軽に行くことができます。

週末、夫の授業が終わった後に出発して夕方到着~。まずは世界で一番美しい広場と言われる「グラン・プラス」へ。市庁舎が美しい~。
a0133338_640669.jpg
ベルギーらしい建物が並びます。確かに、これだけ歴史のある建物で囲まれた広場は見たことないかも。
a0133338_6442055.jpg
触ると幸せになるという「セルクラースの像」、あまり幸せそうに見えないんだけどな・・と恐る恐るサワサワ。そこからテクテク「小便小僧」まで歩くと、日本にもあるチョコレート「Neuhaus」や行列のできるワッフル屋さん、昔監獄として使われていた「ホテルアミーゴ」などが並んでいます。壁にはブリュッセルで生まれた冒険物語「タンタン」の絵が描かれていて可愛い~。
a0133338_705435.jpg
そして有名な「小便小僧」のジュリアン君。ちいさっ!しかし、世界三大ガッカリとしてこれほどまでに有名になれるのもアッパレだと思うのです。よっジュリアン君!
a0133338_765521.jpg

ちょっとお腹が空いたので、ベルギーポテトの人気店へ。ソースを選べるというので、ケチャップとタルタル!と言ったらポテトの上に直接かけられてががーん。衝撃。でもとってもおいしー。

夜ゴハンは地元の人に人気で、店内ギューギューの「LE PRE-SALE」へ。キーンと冷やされたベルギービールをおやじ飲み。プッハーッ。ベルギーの名物、ミートボールと夫はポーク。これもうまいっ。
a0133338_7153936.jpg
フォンテーヌブローよりもさらに日が長いブリュッセル。夜遅くまで遊べて楽しいところです。
[PR]
by aya-0622-yama | 2011-05-30 07:19 | 旅行*ベルギー
家のすぐ裏に大きなスーパーがあってとっても便利~と思っていたら、ストライキがあってお店の中のものがスッカラカン。がーん。

週に3回マルシェが開催されていると聞いたので、早速言ってみることに。野菜やお肉、お魚、見てるだけで癒されるお花がたっくさん売られていて、近所の人がおしゃれ~なカゴを持ってお買いものにきてました。まずは形から、私も買おう!オシャレカゴ。
a0133338_631113.jpg
フランスのチーズは本当に激安。タダかっ!ぐらいの値段で衝撃がはしります。ワインやチーズの知識があればもっと楽しめるのだろうけど、ワインは甘口か辛口、チーズはくさいかくさくないか、で判断する私には詳細はわからず。残念です。

マルシェが開かれる場所はメイン通り沿い。ついでにプラプラ通りを歩いてみました。
目をつけていた、パティスリー「フレデリック・カッセル」を発見。銀座の三越に入っているらしく、フォンテーヌブローはその本店だそう。
a0133338_634753.jpg
マカロン山盛り~!パンもケーキもテリーヌも全てがおいしそう・・・。マカロンの間にシャーベットを挟んだものがあって、目がギラギラ。

後日、もう一店舗のサロンへ行ってわかさんとお茶。ここには日本からの研修生がきているらしく、注文も日本語で出来てなおよし。おすすめナンバーワンのミルフィーユをいただきましたー。フランスのミルフィーユはやっぱりおいしいです。

夫が学校に行く時は一緒に行って、学校のカフェでタダのコーヒーをガブガブ飲みながらネットをしたり、同じ授業をとっている同級生の奥さん達と爆裂トークを繰り広げたり、地球の歩き方の後ろページを見て、フランス語を覚えてみたりしています。ウィッ。
カフェにいる時間が長すぎて、店員さんに顔を覚えられ、サラダやサンドイッチの発音練習までさせられているわたしです。

お昼は衝撃の安さとおいしさの学食で。まるでレストランのようにシーフード、お肉、エスニック、鉄板で焼いたハンバーグなど、前菜からメイン、デザートまで何種類も日替わりで用意されていて、これまたモリモリ食すわたくし。
a0133338_66221.jpg
設備が整い、学校のスタッフの感じも良くて、学生に優しい学校です。
[PR]
by aya-0622-yama | 2011-05-30 06:08 | 毎日の出来事in France
多くの古城が点在する、世界遺産のロワール渓谷。日帰り旅行で古城めぐりに行ってきました。古城めぐりって・・・渋いよね・・と思いつつ、フォンテーヌブローから車を走らせること約2時間。

アメリカでは高速道路のサービスエリアって一度下りないといけないんだけど、フランスは日本と同じように高速上にサービスエリアがあり、その土地のお土産ものなどを売っていて充実。マックじゃないもん、PAULだもん。登りと下りのサービスエリアがつながっているのも驚き。
a0133338_771535.jpg
まずはメインの「シャンポール城」へ到着~。狩猟用の離宮として建てられたものだけど、豪華さはナンバーワン。なんたって、敷地がパリ市の大きさに匹敵するんだとか。でかっ!

外観だって超ゴージャッス!どどーん!
a0133338_782768.jpg
どこもかしこもすばらしくて綺麗。ため息しか出ない~。

中も狩猟の離宮とういうこともあって、当時の様子を描いた絵や、シカの角、狼の剥製など大迫力。人がすれ違わずに登り降りできるらせん階段もすばらしいです。
a0133338_791933.jpg
フランスの国旗と表から見たシャンポール城も圧巻!
a0133338_710368.jpg
一つ目の城でかなり満足してしまったわたくし。しかし次の城もかなりの人気と聞いてワクワク。

2つ目の城は「アンボワーズ城」。ロワール川を見下ろす高台にそびえるお城。おとぎ話に出てきそうなかわいいお城です。
a0133338_7111692.jpg
高台から見た街がそれはそれはきれい。絵になるなー。
a0133338_712358.jpg

中は馬がかけ上がるらせんの坂があったり、王に招かれこの地に住んだ、レオナルドダヴィンチのお墓などがあります。(亡骸はあるとかないとか、色んな噂があって不明らしいです)
a0133338_7133827.jpg
お庭もきれいに整備されてて、ポコポコのお庭。「お前の顔みたいに丸いな」と言われてガーン。
a0133338_714223.jpg
お城を出たあとは、ロレーヌ川の対岸から見る景色が美しいと聞いたのでテクテク橋を渡って対岸に。絵に描いたような景色にうーっとり。
a0133338_715399.jpg
かわいらしい街も歩いてみる。ガイド本には何も載ってないんだけど、かなり人気のあるお菓子屋さん。お昼を食べてなかったので、おいしそうなアップルパイといちごのミルフィーユを購入。このミルフィーユがいままで食べたどんなミルフィーユよりおいしかった!甘さ控え目でサックサクの生地。もう2度と食べられないけど、忘れられない味。
a0133338_716013.jpg
そして次のお城は外観の美しさでかなりの人気を誇る「シュノンソー城」。場内にロワール川が流れ、川をまたぐように白い城館がたたずむ、その気品あふれる姿はまるで水辺に羽を休める白鳥のよう(地球の歩き方より)らしい。笑。

木のトンネルを抜けると・・・
a0133338_7174778.jpg
ひょー!美しい~!
a0133338_7181682.jpg
中は当時の様子がそのまま再現されていて、あらゆる所にきれいに飾られた花がたくさん。
a0133338_7191261.jpg
ピンクの芍薬がかわいい~。このお城では夜な夜な豪華な宴が開かれていたらしい。当時を頭に描きながら、ギャラリーの真ん中でクルクル踊ってみる。いい~。注目すべきは厨房。窓を開ければそこはすぐ川が流れていて、キランキランに磨かれた調理器具が山ほど揃っています。

しかしこの城では王をめぐり、正妻と愛人とのすさまじい戦いが繰り広げられていたらしい。こわっ。大奥みたい。2つあるお庭にも正妻と愛人の名前がそれぞれつけられています。こわいけどお庭のお花もとーってもきれいに咲いていました。
a0133338_7221012.jpg
今回巡った3つのお城それぞれが本当に違った美しさで、普段絶対に見ることのない非現実的な光景に興奮状態。

ロワール渓谷には10を超える城が点在していて、「眠れる森の美女」「タンタン」、映画の舞台となったお城が山ほどあって、何日かかけてゆっくり見るのも楽しいな~と。

また機会があれば他のお城も見てみたい、古城めぐりにハマってしまった私なのでした。
[PR]
by aya-0622-yama | 2011-05-24 07:31 | 旅行*フランス

モンサンミッシェル。

夜更かしをしていたおととい。午前4時ごろ、突然思い立って「モンサンミッシェルに行こう!」とバタバタと支度。早朝のフォンテーヌブローの駅AVONから電車で40分のパリへ。パリからは新幹線で約2時間、バスで1時間半。
a0133338_9231095.jpg
以前フランスに来た時に来れなくて、いつか絶対に来たい!と思っていたのでバスからポコッと見えた時は感動。

少し離れたところまでお散歩して、真っ青な空に浮かんだようなモンサンミッシェルを眺めてこれまた感動。
a0133338_9234144.jpg
a0133338_9235973.jpg
モンサンミッシェルの入り口からお土産屋さんやレストランがならぶ坂を通り抜け、頂上にある「モンサンミッシェル修道院」へ。
a0133338_9244084.jpg
今まで見たどの修道院より大きくて雰囲気があり、ひんやりした空気が広がっていて見ごたえ十分。よくこんな山の上にこんな巨大な修道院を建てたなー。
a0133338_925139.jpg
ランチは修道院をバックにテラスで。フランスについてから初めてのガレット。
a0133338_9271728.jpg
有名なオムレツのお店も見学。お土産もチェックし名産の塩キャラメルをゲット。そして塩キャラメルクレープも。うま~。
a0133338_9303589.jpg
バスの時間がくるまでまたしばしモンサンミッシェルを眺めてポーッ。何度みても素敵。モンサンミッシェルにさよならをつげて、爆睡しながらパリへ。

せっかくきたんだから、とパリで有名なガレット屋さん(またか!)「クレプリー・ド・ジョスラン」へ。ガレット屋さんが並ぶ通りがあり、その中でも一番の人気を誇るお店には行列がっっ!
a0133338_9353092.jpg
2人なので、大人数のグループを大胆に抜かしてすぐ入れました。ラッキー。夫はベジタブルガレット、私は卵・トマト・チーズ・ハムのガレットを。これは・・これは・・今まで食べた中のナンバーワン!パリッパリの生地にチーズとそば粉の香りがぷ~ん。昼に食べたガレットは嘘ものじゃー!!(失礼。)
a0133338_9371841.jpg
ガレットはシードルと合わせるのがいいらしいと聞いてボトルで注文。これも最高。ぜひともまた行きたいお店となりました。

ほとんど寝ずに観光した私たち、目の下にはクマ。でもずっと行きたかったモンサンミッシェルに行けて大満足でした~。
[PR]
by aya-0622-yama | 2011-05-22 09:44 | 旅行*フランス

フォンテーヌブロー。

「髪の染め粉のような名前だねー。」と友達に言われましたが、フォンテーヌブローはフランスのパリから電車で1時間弱のきれいな街。
a0133338_8344691.jpg
夫が卒業後、フランスのビジネススクールに交換留学するのでこの街にやってきました。緑も多く、空気もおいしい、町並みも美しくて、ポエーッとしてるとあっという間に一日が終わってしまうというおそろしくのんびりしたところです。

夫の学校もアメリカの学校とは全く雰囲気が違い、お昼からビール片手にテラスでのんびり、野球かと思いきやクリケットで盛り上がり、食堂のサンドイッチは鴨肉+いちじくのコンビでいちいちシャレてんなー!となんとなくイラッ。
a0133338_8323384.jpg
a0133338_8332222.jpg
「山盛りフライドポテトは?ハンバーガーは?コーラは?ポテトチップは?ケッチャップー!マヨネーズー!!」と叫ぶ私に、「おまえはアメリカに帰れっ!」と夫一言。大は小を兼ねる文化のアメリカが恋しい。

それでも今住んでいる家からは緑が多く見え、夜の10時近くまで日があり、一日中半袖で過ごすこともでき、もう老後の生活に入ってもいい・・と思える今日この頃です。
a0133338_8375152.jpg

[PR]
by aya-0622-yama | 2011-05-22 09:10 | 毎日の出来事in France

またいつか。

2年間住んでいたフィラデルフィア。思い出がたくさん。新しい建物と歴史ある建物が共存する、すごく素敵な町でした。徒歩圏内に何でもあって、緑豊か、食べ物もおいしくて大好きな町。またいつか訪れたいです。
a0133338_934372.jpg
a0133338_941094.jpg
a0133338_9667.jpg
a0133338_943094.jpg
a0133338_963454.jpg
a0133338_965882.jpg
a0133338_971357.jpg

[PR]
by aya-0622-yama | 2011-05-22 09:08 | 毎日の出来事

congratulations!

卒業式の日のことを改めて。

卒業式当日の予報はサンダーストーム!こんなこと滅多になにのにー。涙。大きなフィールドでやる予定だった卒業式は急遽屋内で。会場の外には長い行列。
a0133338_872448.jpg
入学式、卒業式、運動会、遠足、旅行とこれまでほとんど雨に降られたことがない超お天気男の夫。「俺の卒業式に雨が降る訳ねー!怒」と朝から大騒ぎ。・・・雷に打たれてもいいから外でやってあげておくれー。

残念ではあったけど、夫たちの卒業式を見るために奥さんたちはデジカメ、ビデオ、一眼レフを持って気合い十分。席とりだって殺気立つわたくしたち。
a0133338_875194.jpg
そんな中次々と夫や同級生たちが入場してきます。2年間を一緒に過ごしたこともあってどこの旦那さまも人ごととは思えない。一眼レフを連写モードにしてみんなで全国野鳥の会。
a0133338_881660.jpg
しかも当たり前だけど、みんな同じ帽子でどこにいるかわからんー!怒。
a0133338_884715.jpg
学長や生徒会長たちの話(何を言ってるかわからないので白目をむいてしばし失神)の後に、ひとりひとり名前を呼ばれて前に出ます。このチャンスを逃してなるものか!と必死の奥さまたち。私もみんなをがんばって撮ったんだけど、後で見たらブレまくり〜涙。一眼レフって難しい。
a0133338_891552.jpg
それでも、「あぁ、2年間終わっちゃたんだなー。みんなよく頑張ったな〜。」とジーン。

卒業式を終えて外に出てから、写真撮影。奥さんも「あたしにもかぶらせておくれよ」と帽子を奪って大喜び。みんなのご両親にもお会いできて本当にうれしかったなー。
a0133338_894646.jpg
卒業式には来られなかった夫と私の親もHPに流れるビデオをオンラインでバッチリ見られたみたい。
便利な世の中だわ。

卒業式前後、引越や片付け、飲み会でバタバタしてしまい実感がわかなかったけど、何日かたって、卒業式を無事迎えられたうれしさと、みんなと離れてしまった寂しさがググーッと押し寄せてきて、密かに涙目。

お別れじゃないんだし、泣く必要もないんだけど、2年間は本当に特別な時間だったし、何も出来ず頼りない私をひたすら支えてくれた友人の優しさや笑顔に今はただただ感謝するばかりです。

夫も、家の勉強机に座っては爆睡する姿しか見る事がなく、「・・・この人は本当に卒業できるのだろうか」と不安になることもあったけど、優秀で素敵な同級生に支えられたからこそ迎えられた卒業式でした。

夫婦共々感謝の気持ちでいっぱいです。みんなどうもありがとう。これからもどうぞよろしくお願いします。ペコリ。
a0133338_8102794.jpg

[PR]
by aya-0622-yama | 2011-05-22 08:13 | 学校行事

卒業式。

本日、夫が無事に卒業しました。おめでとう、夫よ!おめでとう、みんな!!
a0133338_1325982.jpg

[PR]
by aya-0622-yama | 2011-05-16 13:04 | 毎日の出来事