アメリカ・フィラデルフィアで2年間を過ごし、2011年7月に帰国。なにげない毎日を楽しく綴ります。

by aya-0622-yama

カテゴリ:旅行*南イタリア( 5 )

イタリア旅行記⑤

南イタリアで一番行きたかったここ。
バスを下りた瞬間に目の前に広がる景色に感動のポジターノ!!
a0133338_1461580.jpg


真っ青空に色とりどりの屋根が崖に連なって、最高に綺麗。坂を下りる途中にも可愛いお店が並びます。むちゃくちゃ好み~!さっそくレモン柄の陶器を購入。重っ!
a0133338_14123765.jpg


島の中に入ると、真っ白な家とたくさんの花が迎えてくれて楽園~。
a0133338_14182067.jpg
教会に入ってみたら日本人カップルが結婚式を挙げていたり、なぜか柴犬人気だったり、船で連れて行ってくれるレストランがあったり、こんなところでゆーっくりするのもいいな~。(リゾートに長居すると夫が熱出すんでね)

あぁ最高。ポジターノ。
しっかしこの日は予定がもりもり。次は船に乗ってアマルフィへ向かいます。
[PR]
by aya-0622-yama | 2012-09-03 14:21 | 旅行*南イタリア

イタリア旅行記④

ナポリから高速船できたのは、カプリ島。あのレトルトパスタソースの表紙になってるあれ!(わかりにくい?)
「青の洞窟」を見なきゃ~。テンションMAXで船着き場に到着。

そこでみた景色にテンション・・・・・・・激下がり。まさかの、まさかのどよよよーーーーーん!
a0133338_034538.jpg
青の洞窟は下からの太陽の光がないと青くならない。私が何をしたというの~!それでも、青の洞窟に向けての小型船はバンバン出ていくし、ここまできて見ないで帰るという選択肢もない。

島を半周するコースを選んで、景色を見ながら進む~。
a0133338_09581.jpg

みんな絶望で景色の説明なんて頭に入らず上の空。
一緒に船に乗った男の子だって、悲。
a0133338_0101137.jpg
青くない青の洞窟なんて・・・日ごろの行いが悪いから・・・・。強烈なマイナス思考とともにやってきた洞窟の入り口。ここで洞窟の中に入るために手漕ぎボートに乗り換えます。

とここでー!奇跡ーーー!太陽様のご登場~!!そして洞窟の入り口は本当に小さい。ボートの底に寝るような形で中に入ります。
a0133338_0222741.jpg


ぎょえ~!
a0133338_0473388.jpg


a0133338_0474593.jpg

この世のものとは思えないっす。ほら、こういうのって期待しすぎて実際みたらふーん、ってこと多いじゃない?でもこれは・・・これは・・・すごい。

船頭さんが噂の歌をすごい勢いで歌ってくれたー!洞窟の中に響いてこれまた素敵だった。「チップ!チップたくさんあげる!もう一周プリーズ!!」と無理やりグルグル回ってもらって大満足~。
あの悲しみに打ちひしがれていた男の子もきっと大喜びしたことだろう。

このあと、また太陽が雲に隠れてしまったから、私たちが入ったあの瞬間だけ。なんてラッキーなの。

幸せな気持ちでカプリ島も散策~。ケーブルカーで島の上まで登って、景色のいいレストランで本場のピザ!うま~い。
a0133338_0452451.jpg

島はお花であふれていて、どっちを向いても絵になる街並み。可愛い島~!完全にツボに入りました。
a0133338_046540.jpg


つづく・・・
[PR]
by aya-0622-yama | 2012-07-02 00:51 | 旅行*南イタリア

イタリア旅行記③

フィレンツェ2日目。

朝から大人気のウッフィツィ美術館へ。大行列~!
a0133338_23235249.jpg

並んだだけあって、この美術館、大物がたくさん。メインはこれ。
「春」「ヴィーナス誕生」。すごーい。教科書!教科書!(この程度の知識しかない)
a0133338_23244086.jpg


ジョットの鐘楼もこれまた大行列。やっぱり夏のイタリアは激混み覚悟。でもでも、これに登らなきゃ!あの景色を見なきゃ!フィレンツェに来た意味がない~!!
a0133338_23315015.jpg


長時間並んだあげく、永遠に続く階段を上り、最後は夫に引きずられてついた~!頂上!
a0133338_23404546.jpg
いやー感動。ほんと。日本も屋根、全部オレンジ色にしちゃえばいいのに。

へっとへとでお腹もぺっこぺこ。大人気レストランへ。また行列~!(うんざり)。
「トラットリアマリオ」。
a0133338_23451369.jpg

でもでも~並んだ甲斐あって・・・・

まずっ!!パスタがうどん~!なぜ行列ができているんだ。地球の歩き方に即投稿だわ。お肉は、まーまー普通。

フィレンツェ最後はお祭り。夏はどこ行っても大行列だけど、あちこちでイベントが開催されていてとても賑やか。
a0133338_2348247.jpg

このあとナポリへ戻り、楽しみだったあの場所へ!
[PR]
by aya-0622-yama | 2012-07-01 23:49 | 旅行*南イタリア

イタリア旅行記②

えーいつの話ー!?と言われそうだけど、このままだとまた食べログにされちゃうので去年の夏の旅行の思い出を。今年はどこにいこうかな。夫の希望、インド有力。うん。そうね。インドカレーは好きだけど・・・

とうことではるか昔に書いたイタリア旅行記①の続きを~。だいぶ忘れちゃったから写真多めで。ぷっ。

ナポリからピサの斜塔。上に登ってみたけど、想像以上に傾いててかなり怖かった~!
a0133338_010958.jpg


続いてフィレンツェ。本当にきれいな街。冷静と情熱の間。ロマンチックだぜ。
a0133338_23482194.jpg

このいのしし?鼻に触ると幸せになれるとかで鼻の頭がテッカテカ。こいつを八重洲地下街で発見した時は驚いた。

ディナーは行列のできる店「トラットリア マリオーネ」。夫がこよなく愛するビステッカ。おいしかった!
a0133338_23493326.jpg

日が沈んだらまた雰囲気が変わって素敵~。広場ではおしゃれ~にオーケストラ。
a0133338_062363.jpg

ヴェッキオ宮は夜間も解放されていて、ゴーッジャス!
a0133338_01489.jpg


次の日もフィレンツェ観光です。
[PR]
by aya-0622-yama | 2012-06-27 00:13 | 旅行*南イタリア

南イタリア旅行記①

夏の旅行は南イタリアへ~。サンサンと太陽が輝くナポリへ到着。
a0133338_23514893.jpg
ナポリは治安があまり良くないと聞いていたけど、なんだか慣れてしまって(慣れちゃいけないんだけど・・)あまり恐さを感じない。ていうか盗られるようなものは何一つ持って歩かないわたし。

お金、パスポート、鍵などなど、盗られた時には全部夫のせいにできるように、夫に縛り付けているので安心安心。

ちょうどお昼だったのでおいしそうなピザ屋さんへ。知らなかったけど、ここは最近ジュリアロバーツが「食べて祈って恋をして」の撮影で訪れていたところ。他にも有名人がワサワサ来ているらしく、大行列~。
a0133338_00269.jpg
「75」の札を渡されて「番号呼ぶからね~!」って「75番」ってイタリア語がわからんですけど。店員が何か番号を叫ぶたびに「あたいかも・・あたいかもしれない・・あたいですか?」としつこく店員を追いかけ回す私。

おかげさまで無事入店。メニューは「マリナーラ」「マルゲリータ」の2種類のみ。大きな窯で次々に焼かれるでーっかいピザによだれがダラーン。
a0133338_034010.jpg
ジューシーでミミはもっちもち、窯で焼いて香ばしい風味が最高のナポリピッツァ!並ぶだけの価値あるわ~。あ、写真のは一人前です。ほぼ完食しましたけどね。お腹ポッコリ。

バスに乗って観光へ向かおうとすると、一緒に乗ろうとしていたおじさんが「バスの中はスリが多いから気をつけろよ!!」と。

お菓子しか入っていないバックを握りしめてバス向かったのは「ヌオーヴォ城」。浮き彫りで装飾された白い凱旋門が大迫力。
a0133338_0101317.jpg
ミラノのスカラ座、ローマのオペラ座に並ぶ三大歌劇場を見ながら向かったのは「王宮」。真っ青な空に映えるな~。
a0133338_015011.jpg
しっかしジリジリジリジリ日差しがイターイ!「ガン黒(死語?)になっちゃう!」と大騒ぎしながら海へ向かってお散歩。
a0133338_019164.jpg
そして海に浮かぶ「卵城」。城の基礎に埋め込まれた卵が壊れると同時に、街も城と滅びるという伝説があるとか。絶景が見られるというので登ってみることに。
a0133338_025988.jpg
暑さにバテる私。

頂上からの景色は本当に絶景!!ナポリ湾が一望できます。
a0133338_0324532.jpg
もっともっと上からみた~い、ということでさらに丘の上に。ナポリの街が見渡せるカフェで一杯。すごい立地のレストランでこの後は結婚式の披露宴が行われるとか。素敵~。
a0133338_0382999.jpg
ディナーはかなり評判がいいという「ミミ・アッラ・フェッローヴィア」へ。夜遅いというのに地元の人でいっぱいでにぎやかな店内。有名人の写真も壁にたくさん貼られていて、新鮮な魚介が店頭に並びます。
a0133338_0435695.jpg
オーナーとご機嫌で写真撮影。私は魚介のパスタ、夫は名物タコの煮込みをオーダー。私、人生でこんなおいしいパスタ、食べたことがございません。間違いなく、パスタナンバー1!!に輝きました。

海、山、色とりどりの町並み、おいしい魚介、ナポリ思ってた以上にかなりいいっ!確かに、女の子だけで旅をするのは治安的にちょっと心配だけど、いざという時にさし出す男さえいればナポリ、十分楽しめる町だと思いました~。
[PR]
by aya-0622-yama | 2011-08-18 00:50 | 旅行*南イタリア