アメリカ・フィラデルフィアで2年間を過ごし、2011年7月に帰国。なにげない毎日を楽しく綴ります。

by aya-0622-yama

カテゴリ:毎日の出来事in France( 8 )

帰国します。

期間限定のフランス生活を終えて明日、帰国します。
今日は真っ青な空の下、セーヌ側沿いを散歩して、エッフェル塔にご挨拶。さよならーフランス!
帰国したらみんな遊んでね〜。
a0133338_711937.jpg

[PR]
by aya-0622-yama | 2011-07-04 07:11 | 毎日の出来事in France

Soldes in Paris!

政府の指定した日程で一斉にセールがはじまりまるパリ。今年は6月22日~7月26日まで。日本ではセールにならないブランド品も一部30~50%オフになり、世界中から人が集まるらしいです。

その中でエルメスのセールは3日間だけ。すさまじい混み具合で有名だそうで、ちょいと見てみたい。この日南仏旅行に出発する前にパリへ寄ってみました。夫は睡眠時間1時間(南仏のホテル手配のため)、セールに2時間並び、そのあと5時間の運転。体力だけが取り柄の夫、いいぞっ!

朝7時半、・・・すでに行列。
a0133338_2291051.jpg
セール会場にはガーデンパーティなんかも2~3個用意されているみたいだけど、一番最初に並んでた業者に全部奪われてました。(残ってても買えないけどさ~)。大混雑の会場。
a0133338_2294754.jpg
アクセサリー、バングル、スカーフ、ネクタイ、洋服などなどエルメス好きにはたまないかも。特にスカーフが充実。しかしわたくし、スカーフが似合わないったらない。夫からは「首輪でつながれた動物みたい・・・」とつぶやかれてカッチンー。怒。

とうことで見て楽しみ、夫のネクタイを買って退散~。ま、一度行ってみるのも楽しくていいかもしれません。

このあとはパリのデパートをうろうろ。プランタンやラファイエットでもセールが行われていて、すんごい人。セールで盛り上がるのはどこも一緒だな~。
a0133338_2301144.jpg

[PR]
by aya-0622-yama | 2011-07-01 02:32 | 毎日の出来事in France

築200年の館。

フィラデルフィアからともにフランスへやってきたWさん。フォンテーヌブローでは200年の歴史を持つ館にお住まいなのです。そんなWさん宅でBBQが開催されるとのことでお誘いをうけ行ってまいりました。

どんな館かといいますと・・どどーーーーん!
a0133338_75284.jpg
お庭には川が流れ、広大なお庭ではサッカー、木にぶら下がったブランコで遊んだり(重量オーバーのため命がけ)、どんな家じゃー!
a0133338_79579.jpg
この家に住むゴールデンレトリバーのシンバも人懐っこくて最高に可愛い~。

BBQは巨大なお肉の塊を豪快にジュージューと炭火で焼きます。私たちは50人ほど集まったクラスメイトのために天ぷらを揚げるお手伝い。しかもイカ。Wさんのおでこに油がはねるはねる。・・・お疲れさまです。
a0133338_7183533.jpg
山ほどの天ぶらとお肉をたいらげた後は、Wさんが日本から持参した「いかなごのくぎ煮」を披露。しぶっ!しかも日本→アメリカ→フランス→日本(残った分は持ち帰り)と世界一周するくぎ煮。うまいです。白いごはんください。

ゴージャスなお館でBBQなんて一生に一度かも。素敵な一日でございました。
[PR]
by aya-0622-yama | 2011-06-25 07:30 | 毎日の出来事in France

記念日ディナー。

入籍した日と結婚式を挙げた日はどちらも結婚記念日としている我が家。(記念日は多い方が得することが多いので)。

6月7日は結婚式を挙げた記念日ということで、なんとディナーは。
a0133338_1541069.jpg
らーめん。

私がどうしても心の底から食べたいと願ったラーメン。ラーメンの為に2人で€30以上の電車代を払ってパリへ行き、€20のラーメンを食しました。日本で開店していたら絶対につぶれてしまうであろう味のラーメンがなんとおいしいことか。多少麺がのびてたって構いません。しかも半チャーハン、餃子セット。究極~!

それにしても驚いたのはお客さんのほとんどがフランス人だということ。しかも半カレー、餃子セット!フランス人には相当な人気があるらしい。

パリのオペラ界隈は日本食材店や日本食のお店が集まっているとかで、ラーメン屋さんも密集。なんかラーメン屋のカウンターにフランス人がズラーッと並んで食べている姿はとっても新鮮。
a0133338_156985.jpg
最後にスタバの大好きなVentiラテを飲んで(フォンテーヌブローにスタバがなくて気が狂いそうになっている私)幸せ~。

最高のらーめん結婚記念日・・・安上がりなわたくし。
[PR]
by aya-0622-yama | 2011-06-09 02:00 | 毎日の出来事in France

全仏オープン。

何を隠そう、わたくしは昔テニス部所属、テニスサークルにも所属。得意技は大胆な空振りと試合では認められない下からの高速サーブ。

そんな私に全仏オープン、メインコートでの準々決勝の貴重なチケットをお友達が確保してくれたのです。どうもありがとう!しかもロジャー・フェデラー(スイス)vsガエル・モンフィス(フランス)。スターのフェデラーと地元のモンフィスさま(可愛い顔で人気)。

「テニスってどんなルール?」と夫から聞かれ「・・・いっぱいコートに球を入れたもん勝ちだよっ!」と説明しときました。

ローランギャロスはパリのリヨン駅から電車で30分ほど。駅に着くと、道にローランギャロスへの可愛いテニスの絵の道しるべ。
a0133338_2030687.jpg
チケットを持っていても、IDの確認もされて厳戒態勢。ほほー。ここがあのテレビでみるローランギャロスですか・・・感動。メインコートがどどーん。
a0133338_20312076.jpg
対戦表には今日の試合はもちろん、2回戦までいった日本の錦織圭の名前も。こんなところに名を載せられることがすごいことだなー。
a0133338_20342081.jpg
メインコートに入ると大迫力!予想以上に大きい~。
a0133338_20354929.jpg
まず女子シングル→男子シングル→ダブルス。女子も筋肉ムキムキの体から繰り出されるショットが力強いのなんのって。
a0133338_203917100.jpg
男子シングルが近づいてくると、ボックス席にも徐々に人が入りはじめて、満員に。スターの登場に「フェッフェッフェデラーさまー!!!」。
a0133338_20423141.jpg
女子シングルもおもしろいー!と思ったけど、やっぱり男子シングルは迫力が違う!球が見えないほどのスピードで、コート内を走り回る。
a0133338_2051571.jpg
フェデラーさまは私が言うのもなんですが、とにかく美しい。しかも超ポーカーフェイス。イラッとかチッとかやったぜっ!とか全く感情を外に出さない、そんなクールさがツボ。

相手のモンフィスさまは若いだけあって、フェデラーとは違い、感情がすぐ外に出て、それはそれで可愛い。「ま、でもフェデラーさまから比べるとまだまだだねー。」と上から目線トーク。

結果はフェデラーさまのストレート勝ち。やっぱり強い。
a0133338_20522282.jpg
女子にはなかったのに勝利インタビュー。やっぱりスターは違うね。今までクールな表情だったフェデラーさまが、くちゃくちゃっとした笑顔を見せた時には、ほっぺがポッ。かわいいです。インタビュー内容は「モンフィスさんも、非常にいいプレーヤーで手ごわかったですよ~。いや~勝ててよかった。」的な?・・・フランス語だったのでわかりません。
a0133338_20563840.jpg
テレビで見ているよりもすごい迫力で、素人の私でも大興奮。わたくしも少々歳くってますが、ローランギャロスを目指すべく、テニスの練習をはじめてみようか・・・。
[PR]
by aya-0622-yama | 2011-06-02 21:01 | 毎日の出来事in France

今日もいい天気。

今日は朝から夫と一緒に学校へ。いつもの学校内のカフェでのんびりしとります。
a0133338_19521019.jpg
今日突然現れた卓球台。ポッコンポッコンのピンポンの音がカフェに響きわたってます。
a0133338_195336.jpg

[PR]
by aya-0622-yama | 2011-05-30 19:54 | 毎日の出来事in France
家のすぐ裏に大きなスーパーがあってとっても便利~と思っていたら、ストライキがあってお店の中のものがスッカラカン。がーん。

週に3回マルシェが開催されていると聞いたので、早速言ってみることに。野菜やお肉、お魚、見てるだけで癒されるお花がたっくさん売られていて、近所の人がおしゃれ~なカゴを持ってお買いものにきてました。まずは形から、私も買おう!オシャレカゴ。
a0133338_631113.jpg
フランスのチーズは本当に激安。タダかっ!ぐらいの値段で衝撃がはしります。ワインやチーズの知識があればもっと楽しめるのだろうけど、ワインは甘口か辛口、チーズはくさいかくさくないか、で判断する私には詳細はわからず。残念です。

マルシェが開かれる場所はメイン通り沿い。ついでにプラプラ通りを歩いてみました。
目をつけていた、パティスリー「フレデリック・カッセル」を発見。銀座の三越に入っているらしく、フォンテーヌブローはその本店だそう。
a0133338_634753.jpg
マカロン山盛り~!パンもケーキもテリーヌも全てがおいしそう・・・。マカロンの間にシャーベットを挟んだものがあって、目がギラギラ。

後日、もう一店舗のサロンへ行ってわかさんとお茶。ここには日本からの研修生がきているらしく、注文も日本語で出来てなおよし。おすすめナンバーワンのミルフィーユをいただきましたー。フランスのミルフィーユはやっぱりおいしいです。

夫が学校に行く時は一緒に行って、学校のカフェでタダのコーヒーをガブガブ飲みながらネットをしたり、同じ授業をとっている同級生の奥さん達と爆裂トークを繰り広げたり、地球の歩き方の後ろページを見て、フランス語を覚えてみたりしています。ウィッ。
カフェにいる時間が長すぎて、店員さんに顔を覚えられ、サラダやサンドイッチの発音練習までさせられているわたしです。

お昼は衝撃の安さとおいしさの学食で。まるでレストランのようにシーフード、お肉、エスニック、鉄板で焼いたハンバーグなど、前菜からメイン、デザートまで何種類も日替わりで用意されていて、これまたモリモリ食すわたくし。
a0133338_66221.jpg
設備が整い、学校のスタッフの感じも良くて、学生に優しい学校です。
[PR]
by aya-0622-yama | 2011-05-30 06:08 | 毎日の出来事in France

フォンテーヌブロー。

「髪の染め粉のような名前だねー。」と友達に言われましたが、フォンテーヌブローはフランスのパリから電車で1時間弱のきれいな街。
a0133338_8344691.jpg
夫が卒業後、フランスのビジネススクールに交換留学するのでこの街にやってきました。緑も多く、空気もおいしい、町並みも美しくて、ポエーッとしてるとあっという間に一日が終わってしまうというおそろしくのんびりしたところです。

夫の学校もアメリカの学校とは全く雰囲気が違い、お昼からビール片手にテラスでのんびり、野球かと思いきやクリケットで盛り上がり、食堂のサンドイッチは鴨肉+いちじくのコンビでいちいちシャレてんなー!となんとなくイラッ。
a0133338_8323384.jpg
a0133338_8332222.jpg
「山盛りフライドポテトは?ハンバーガーは?コーラは?ポテトチップは?ケッチャップー!マヨネーズー!!」と叫ぶ私に、「おまえはアメリカに帰れっ!」と夫一言。大は小を兼ねる文化のアメリカが恋しい。

それでも今住んでいる家からは緑が多く見え、夜の10時近くまで日があり、一日中半袖で過ごすこともでき、もう老後の生活に入ってもいい・・と思える今日この頃です。
a0133338_8375152.jpg

[PR]
by aya-0622-yama | 2011-05-22 09:10 | 毎日の出来事in France