アメリカ・フィラデルフィアで2年間を過ごし、2011年7月に帰国。なにげない毎日を楽しく綴ります。

by aya-0622-yama

カテゴリ:旅行*アメリカ国立公園( 7 )

グランドキャニオン。

気が遠くなるような走行距離でやってまいりましたグランドキャニオン。

日本に帰った時に流行っていたコンピレーションアルバムとやらをiPotに入れてきたので、車内では次々登場の小室ファミリー。今回の旅の流行りは篠原涼子の「愛しさとせつなさと心強さと」。・・・ふるっ!
今思えば、この曲のタイトル、意味不明・・。と思いつつ篠原涼子のものまねで鼻の穴を広げて(広げなくても元々広がってるけど)、大熱唱。

MYアイスボックスに冷えたカフェラテ、お茶、フルーツ、チョコレートを入れて、車内でいつもピクニック。
長時間のドライブ、結構好きみたいです。運転してないからか・・。ぷぷっ。

国立公園の朝は早い。グランドキャニオンは朝焼け、昼、夕焼けと景色がガラリと変わるので、朝真っ暗な中ビューポイントへ。朝日がだんだんと昇り・・
a0133338_13505461.jpg
グランドキャニオンが少しずつ照らされて広大な景色が浮かび上がります。
a0133338_135166.jpg

今回泊まったのは「グランドキャニオンロッジ」という園内のホテルだったのですが、このロッジが最高。
動物たちがウロウロする森の中に建ち、部屋の中はモダンな作りでとってもキレイなのです。
夜になると満天の星空がきれいだったなー。

朝日を見てからロッジの周りをお散歩すると、かわいい動物たちに会えました~。うさぎは私たちのドアの前で草をむっしゃむしゃ食べてました。おいしそう。
a0133338_14501056.jpg
他にも絶滅危惧種のコンドルも見ることができました。

そしてここでもトレイルを。サウスカイバブトレイルは渓谷の底まで続いているのですが、あまりのキツさに、看板に「日帰りの渓谷の底までのトレイルは命を落とす危険があります」の注意書き。かなりの距離、かなりの坂、午後は一切日陰がなくなるので、危険らしいです。
a0133338_15201333.jpg

私たちは半分だけトレイルを。あまりの疲労にツアーロバの背中に飛び乗りたい気分でした。乗せてくれー。涙。
a0133338_14572323.jpg
暑さと疲労のため道の真ん中で意気消沈のわたくし。

そして展望台にも言ってみました。望遠鏡で見るのもこれまた楽しい。どこかの男の子と同じ角度。
a0133338_1574745.jpg
日が暮れかかったところでまた新たなビュースポットへ。誰よりもいい場所を確保。
a0133338_1585218.jpg
朝焼けと違い、オレンジ色に照らされる渓谷がそれはそれは美しかったです。

広大なグランドキャニオンに圧倒されました~。
国立公園はここが最後。この後は旅の最終目的地、ラスベガスへ向かいます。
[PR]
by aya-0622-yama | 2010-10-24 15:17 | 旅行*アメリカ国立公園
ナバホ族の土地に位置するアンテロープキャニオン。

鉄砲水で砂をけずり、岩に流れるような痕がついて渓谷になっているところを歩くツアーがあります。
観光中に鉄砲水に流され、命を落とす人が多いため、ナバホ族の案内なしには立ち入ることのできないところ。雷が少しなっただけでもすぐにツアーを中断し、引き返すこともしばしばあるらしいです。

アンテロープキャニオンはアッパーとロウアーの2つのツアーがあり、まずはロウアーへ。
この屋根の下でツアー開始時間を待ちます。
a0133338_1336365.jpg
ナバホ族のガイドさんに着いていくと「はい。ここ入り口ね~。」と・・・ここっ!?
a0133338_13391968.jpg
お腹のお肉がひっかかりそうなぐらい狭い隙間にどんどん入っていきます。
中に入るとそこは、幻想的な世界。狭い入口からかすかに光が入り、まわりの岩が赤、オレンジ、青、紫とグラデーション!
a0133338_13545983.jpg
ここは世界中の写真家が集まるところらしいのですが、実はナバホ族のカイドさんがなぜか私のデジカメを気に入ったらしく、あらゆる写真スポットで「こうやってとるんだぞ。」と見本カメラとして使ってくれたので、私は何もせずにプロ級の写真を手に入れることができました。

後にぞろぞろ続く一眼レフ隊に「はい、これ見本ね。」と自慢げに(まるで自分が撮ったかのように)、写真を見せて歩くのはかなり良かったです。うふっ。

続いてやってきたのはアッパー。砂漠をツアーの専用四駆で10分ほど走り着いた入り口。
a0133338_1410301.jpg
写真家にはこちらの方が人気らしいです。光の加減でウルフに見える岩や人の足の形の岩などあっておもしろーい。
a0133338_14264876.jpg
驚くべきことに、こっちは違うガイドさんだったのですが、なぜかこの方も私のカメラがお気に入り。
また見本カメラとして導入されました。私のカメラを託している間、「はい。これ持ってて~。」とナバホ族の笛を持たされナバホの仲間入り。どうも。

アンテロープキャニオンはかなりおもしろかった!写真好きの人には太陽がちょうど谷の隙間の真上になる
12時に写真家ツアーが出ているらしいです。

また自然が作り出す色に感動したわたくしでした。
a0133338_1438050.jpg

[PR]
by aya-0622-yama | 2010-10-22 14:40 | 旅行*アメリカ国立公園

ホースシューベント。

アリゾナ州ページという町からほど近い、ホースシューベント。
コロラド川が蹄鉄の形で蛇行していることで有名です。

車をおいて、砂漠を歩くこと15分。
a0133338_1314798.jpg
目印も柵もなく突然足元に現れる断崖絶壁。ひょ~!こわい~!!
a0133338_1364561.jpg
確かにきれいな蹄鉄の形。こんなものが自然にできたなんて・・すごい。
あまりの高さに足もすくみ、腰もひけて、鼻の下をのばして川をのぞき込むと白い小さな点々が・・・。
よ~く見ると、観光ツアーのボートでした。
a0133338_1385859.jpg
私は高所恐怖症ではないのですが、個人的には柵のひとつでも立てていただけるとうれしいです。
こんな断崖絶壁に立つのは後にも先にもこれが最後だと思われます。あー恐かった。。

この後はここから近くにある、アンテロープキャニオン向かいます。
[PR]
by aya-0622-yama | 2010-10-22 13:20 | 旅行*アメリカ国立公園
ブライスキャニオンへ到着~。
a0133338_14122096.jpg

宿を探しながら旅を続けること約1ヶ月。「空室ありますか~」と飛び込みで宿を探すのも慣れてまいりました。
ブライスキャニオンに到着してすぐ、公園入り口近くのロッジに空室あり。よかったー。

朝日のブライスキャニオン。
a0133338_13282628.jpg
隆起した岩が風や雨で浸食されていき、この景色に。岩の間をすり抜ける風の音がなんだか不気味で少しこわ~い。


ブライスキャニオンではこの谷に下りていく「ナバホループトレイル」が人気!ぺろっぺろのサンダル一つで
トレイルを続けてきた私。ついにサンダルが壊れ、「だからスニーカーの方がいいって言ったのに・・・」と
夫の冷たい視線を浴びる。

「まだまだイケる!」と壊れたサンダルでナバホループトレイルをゆく。NYのウォール街と呼ばれる谷底は圧巻!せまーい岩と岩との間をすり抜けていきます。
a0133338_13533090.jpg
狭い道には巨大な木がドドーン。歩きながら、「あっち見て~!こっち見て~!すご~い!!」と初めて見る景色に感激。
a0133338_13564329.jpg
谷底に下りるだけ下りたら、帰りの登りが悲惨。いつものことながらヒーヒー言いながら、「ちょっと背中おしてよー!怒」と最後は夫に逆ギレ。

それでも、自然が作り出したものとは思えない、すばらしい景色をみて大満足。
a0133338_147357.jpg
私の母に言わせると、こういう系はすべてネズミに見えるらしいのですが、プレーリードックはかなり可愛かったです。
a0133338_14114080.jpg

次の目的地はコロラド川が蹄鉄(horseshoe)の形に蛇行しているホースシューベント。
近くの町アリゾナ州のページへ向かいます。
[PR]
by aya-0622-yama | 2010-10-21 14:20 | 旅行*アメリカ国立公園

ザイオン国立公園。

ヨセミテからザイオンが遠い~。途中の小さな町のモーテルに泊まり、次の日にザイオンを目指すも到着は夕方。がーん。

やっとザイオン国立公園に到着です。
国立公園の朝は早い。朝日が昇り、だんだんと赤い岩が照らされていくのが感動的なのです。
a0133338_11341333.jpg
車を降りると、「おはよーございまーす」と声が聞こえてきそうなぐらいの至近距離にシカ現わる。私はいつも動物に攻撃されることが多いので、逃げ腰で命がけの写真撮影。

a0133338_11402496.jpg
ザイオンでもトレイルに出かけるので、まずは腹ごしらえ。ザイオンロッジという公園内にあるホテルで朝食。
窓の外には、巨大な岩が見えて大迫力です。
a0133338_11393296.jpg
ザイオンにもいろいろなトレイルがありますが、まずは「エメラルドプールトレイル」。川にかかる橋を渡りスタートです。
a0133338_12472768.jpg
a0133338_12581614.jpg
とにかく暑い。アッパープールまでいく間に発した言葉は「ポカリ~ポカリをくれ~」のみです。
暑さと戦い、急斜面と戦いたどり着いたアッパープールでは滝がミストとなって頭上から降り注ぎ気持ちいい~。
a0133338_13174219.jpg
そこからミドルプール、ロウアープールへ。
a0133338_13233972.jpg
そして山を下りて、次のトレイルへ。実はこの前日、大雨が降り川が増水。
渓谷に沿って川の中をジャブジャブすすむトレイルはクローズ。山の上の方で雨が少し降っただけで増水し、流される危険があるからだそうです。

午後から天気になったため、3時頃トレイルがOPENすると聞き、行ってみると・・。
a0133338_13312012.jpg
濁流。上流に向かって進まなければならないので、足もとられるし、コケたら荷物も一貫の終わり~。涙。
渓谷の奥から戻ってきた長身の男の人に、「あと4つ角を曲がると、オレの腰まで水があったから気をつけろ。」と言われひえぇぇ~。あなたの腰は私の首ですから~。死んじゃう。
a0133338_13413266.jpg
短パンがブルマのようにおしりに食い込んだ夫はグイグイと前進。その体力、何か他に活かせませんかー。
私の太ももまで水がきたところで、引き返す決心。こんなとこで命かけてもしょうがないのでねー。

ザイオンは私好みの国立公園で、本当に楽しいトレイル盛りだくさん。大満足。また行きたいなぁ~。

濁流の川を上り、体力を限界まで消耗したところで、運転ですー。工事中でガッタガタの道をひた走りザイオンの次はブライスキャニオンへ向かいます。
a0133338_13561341.jpg

[PR]
by aya-0622-yama | 2010-10-20 14:02 | 旅行*アメリカ国立公園

ヨセミテ国立公園。

ゴールド免許のペーパードライバー、車酔いも激しく、地図も読めないダメ女の烙印を押された助手席のわたくし。

ただひたすら運転手さんが眠らないように、お菓子やジュースを差し出し走り続けること約4時間。
ヨセミテ国立公園に到着。有名展望スポット「トンネルビュー」。
a0133338_123549.jpg
この時まだ本日のお宿、決まっておらず。クマに食われちゃうよー。

インフォメーションに駆け込んで、調べてもらったら、半年前から予約しないと無理と言われる園内のホテルが空いてると言われ、大喜びで食いついた私たち。

園内は園内でも、パークの入り口から1時間半もかかるホテルをゲットしてしまったようです。
「WAWONA HOTEL」。
a0133338_1243447.jpg
次の日は一日かけて、巨大な岩に囲まれた大自然を見ながら、岩のてっぺんから流れ落ちる滝の水しぶきをあびながら頂上まで登るという、お肌によさそうな「ミストトレイル」にチャレンジ。
a0133338_13123966.jpg
これがずーっと登りなもんでキツイッ!半分を過ぎたあたりから目を白目にさせながらゼーハーゼーハー。
それでも途中のすばらしい景色と、虹のかかった大きな滝、マイナスイオンをたーくさんあびて気持ちいい。

頂上に着くと滝つぼを見下ろせるポイントや流れ落ちる前の川に足をつけたりできるので、最高です。
リス(もはやネズミにしか見えない)とスニッカーズの取り合いになりキーーッ!怒。
a0133338_13175732.jpg

午後まで園内を散策して大自然を満喫。

私たちは1泊2日でしたが、ヨセミテはキャンプをするとより楽しいだろうな~と思う場所でした。
キャンピングカーでも借りてまた来たいな~。

この日中に次の国立公園まで辿り着かなければいけないので、ヨセミテからまた車を走らせます。
ヨセミテからザイオンまで行く道路は、景色がすばらしいと言われる道を選びました。
a0133338_1330521.jpg
きれいだねーなんて言っていたら、5時間走り続けてもザイオンには到着せず・・日も暮れ・・・どうしよー・・。
しかたなく、行きついた小さな町のモーテルに宿泊。道選びを完全に失敗しやした。
[PR]
by aya-0622-yama | 2010-10-17 13:34 | 旅行*アメリカ国立公園

まだまだ旅の途中。

昨日ザイオン国立公園で一日遊び、おもーくなった体にムチ打って(夫がね)、またまたドライブで今日はブライスキャニオン国立公園でまたトレッキングしてきました~。

「いつも安全運転、制限速度は守ります!」の言葉を掲げ、これまで走っていたのに、今日はブライスキャニオンでポリスに捕まえられました。

スピード違反ですけど、国立公園ので35マイル(56キロ)制限を42マイル(67キロ)で。しょぼい。しょぼすぎる。
高速で80キロ制限を120キロで走ったとかならまだしも、42マイルで捕まる人なんているのかいー。朝ごはんをケチって、2人で9ドル!と喜んでいたら、罰金90ドルで撃沈しました。ひどいじゃないよー。

ポリスに「Sit Down!」としょぼい速度で捕まったにしては、かなり怖い顔で怒られてるにもかかわらず、ポリスが何か確認してる間に夫は「ねーねー、これってさ、日本のゴールド免許にひびくのかな~?」「ねーねーサンドイッチ(2人で9ドルの)食べてたら怒られるかな~?」と真剣に聞いてくるので
「ゴールドにはひびかないと思いますよ。国が違うし。ついでにサンドイッチ食べたら撃たれるんじゃないですかね」と回答しておきました。

ユタ州はスピード違反にどうやら厳しいようで、その後も次々と捕まえられてる車を発見。

ユタ州のポリスにお世話になるという貴重な経験をさせていただき、また3時間弱のドライブで、今日はアンテロープ、ホースシューベントに行くためにペイジという街までやってきました。

それでは最後に、結局高くついた、ブライスキャニオンの景色をどーぞ。
a0133338_1212666.jpg

[PR]
by aya-0622-yama | 2010-08-30 12:16 | 旅行*アメリカ国立公園