アメリカ・フィラデルフィアで2年間を過ごし、2011年7月に帰国。なにげない毎日を楽しく綴ります。

by aya-0622-yama

シンガポール旅行記①

GWの旅行先に選んだのはシンガポール!というかチケットをとろうと思ったのが直前すぎてシンガポールしか空いてなかった・・・。

でも私ははじめてのシンガポール。「おれ一度行ったんだけど・・・」と隣でつぶやく夫は無視。
シンガポールは羽田からの深夜便。寝ている間にちょちょちょーいと着いちゃいます。シンガポール暑い!30℃越えの湿度はなんと80%!!洋服がピターッと肌につくねっちょり感は梅雨の日本より強烈。

到着は朝6時。早すぎ~!とりあえずホテルに向かってみるが、満室でまだ入れる部屋がない。きったない私たちを見かねて「スパでシャワーでもどう~?」と案内してくれたスパが最高~。
a0133338_044512.jpg
スパでシャワーをあびてさっぱりしている間に部屋の用意をしてくれました。今回のホテルは「セントレジス・シンガポール」。
a0133338_047559.jpg
ホテル激戦区のシンガポールはどのホテルも本当に魅力的。

ささ、のんびりしてるヒマなどないのさー。なんせ観光は今日と明日2日間だけ!いそげー!とと、その前に朝食。シンガポールの人たちがこよなく愛する「肉骨茶(バクテー)」というものを食べに。
a0133338_0531970.jpg
わたしたちの食べる姿はとてもじゃないけどお見せできませんが、見た目よりだいぶおいしいです。帰国してから母に写真を見せたところ、「・・・もうこの肉骨茶っていう漢字見ただけで、お母さん・・食べれないわ~」と一言。いや、意外とおいしいよ。まぁ豚骨スープみたいなもんだ。

朝から川沿い「クラーク・キー」をお散歩。昔の建物がそのまま残っていて、今はそこをレストランやバーとして使っているそう。色とりどりで可愛い~。
a0133338_17619.jpg
歩いていて思うこと、それはとってもキレイな国ってこと。チューインガム持ち込み禁止の法律があるほど、日本より道もきれい。

そしてシンンガポールの魅力は色々な国の文化が見られること。向かったのはチャイナタウン。
a0133338_03334.jpg
駅を降りると、ガラッと様子がかわってテンプルストリートには中国のお土産屋さんなどが並んでます。

有名なチャイナタウンコンプレックス(屋台食堂街)で大行列の海南ライス!
a0133338_0121286.jpg
ダシで炊いたライスとチキンがやわらか~い。ってかもしや半なま?

韓国の屋台海鮮チヂミ、クロアチアの半なまマスのグリル以外お腹が壊れたことはほとんどないので気にしな~い。この後、しょうろんぽーと餃子までいただきまして。

次はリトルインディア。
a0133338_0171747.jpg
次の旅行先にインドを考えている夫。「おまえ連れて歩くの、マジ大変そうなんだけど・・・」とちょっと置いていかれそうな私。インドだってとこだって平気さっ、と入った市場でノックアウト。インド・・ムリカモ。

でもインド人がカレーを手で食べるところも目撃。建物も独特~。ガンジス川よ、待ってろよー!

そしてシンガポールといえばここ!世界三大ガッカリのマーライオン!とマリーナベイサンズ。でもさ、ガッカリしなかったよ。ウワーーーッって出てたし。口から水。感動、感動。
a0133338_029549.jpg
マリーナベイサンズも不思議な建物~。

暑さと湿度で予想以上に体力を奪われる~。一度ホテルに戻って休憩。ここのホテルの一番の売りはバトラー(執事)サービス。電話をすると、すぐすっとんできて、色々お世話してくれるのです。

コーヒーやお茶もすぐに運んできてくれるのが助かる~!(フリーです。)しかも紅茶は自由が丘にもあるTWGのたくさんの種類から選べてうれしいです。
a0133338_0412494.jpg


そしてこの日最後の大イベントはナイトサファリ!シンガポールのナイトサファリは柵がない状態で飼育されている動物たちをなるべく自然な形で見ることができて、楽し~!よりむしろ恐い!暗闇の中に突然ゾウやライオンが現れるからビビります。
a0133338_044382.jpg
しかもトラムを下りて自分たちで暗闇を歩いて回るコースもあるの。ガサゴソ草むらの音にビクッ!下をのぞきこめばワニ~!

ライオンが獲物をしとめる姿は確認できなかったので、私がしとめておきました。お土産屋さんで。

大興奮のシンガポールの夜。満喫の一日でした~。2日目に続く。
[PR]
by aya-0622-yama | 2012-05-14 00:51 | 旅行*シンガポール