アメリカ・フィラデルフィアで2年間を過ごし、2011年7月に帰国。なにげない毎日を楽しく綴ります。

by aya-0622-yama

ダンボールに埋もれる。

せまーい部屋に次々と運ばれる船便90箱。ソファは洋間の半分を占拠。ダンボールは開けても開けてもゴミのようなものばかり。実際に燃え尽きたキャンドルの燃えカスもきれいに梱包されて出てくる出てくる。丁寧なお仕事、ありがとうございまっす。

夫は仕事で帰ってこないし、ダンボールを目の前にしばし呆然。そして全速力で逃走。
「おっひさしぶっり~!」と友達のところを渡り歩く毎日です。

ある日は大好きなYちゃんとアフタヌーンティー。「BVLGARI Il bar」へ。3段のお重が斬新ですが、どうやったら作れるんだ、超ミニハンバーガー。
a0133338_10495188.jpg


ひとつ1500円のチョコレートはなぜか黒オリーブ味。かじるたびにパスタ。かじるたびにニンニク風味。なぜだ。なぜチョコレートがこんなことに~。

平日だけど、かなり空いていてのんび~り。久々に会ったYちゃんといつも通りのローングトーク。隠し事は一切なしの暴露トーク全開です。

日本に帰ってきて一番うれしいのは、大好きな家族、友人たちと顔を見ていつでも話せること・・な~んて考えながら自宅のドアを開け、再度呆然。・・寝ちゃお。グーグー。
[PR]
by aya-0622-yama | 2011-07-28 10:51 | 毎日の出来事