アメリカ・フィラデルフィアで2年間を過ごし、2011年7月に帰国。なにげない毎日を楽しく綴ります。

by aya-0622-yama

モロッコ旅行記 最終回。

リヤドに泊まるのは3回目。リヤドフェズもすばらしいけど、私たちの中でのNO,1は「ラメゾンブルー」。こじんまりとした雰囲気のある邸宅でのんびり過ごすことを考えると、リヤドフェズはちょっと大きすぎるし、リヤドというより完全にホテル。好き嫌いが分かれるだろうな~。

とはいえ、モロッコの朝食では粉ものオンパレードだったので、ホテル式朝食に感動。サーモン!サーーモン!!
a0133338_13134040.jpg
そんな中、近くにいた日本人の女の子の旦那さんが高熱と腹痛で苦しんでいると聞こえてきて、「・・・薬・・持ってるのかね?冷えピタは?正露丸は?!ポカリはー!!?」とだんだん気になってきて、話しかけてみたらなんと、「新婚旅行中で、しかも旅行のまだ2日目なんです・・・」と。なんと気の毒な・・・。迷惑とは思いつつ私の自慢の救急セットを差し上げる。

私は究極の心配性なので、あらゆる種類の薬を旅行期間分持ち歩きます。ポカリや冷えピタも忘れずにね。それだけで1~2キロぐらいはあるけど、旅先で苦しむ姿を考えれば持ち歩かずにはいられません。大丈夫だったかなー・・あの人。

フェズに別れを告げて、電車でモロッコの首都、カサブランカへ向かいます。
a0133338_13223462.jpg
電車の中でさっそく買ったバブーシュを履いてみたりして浮かれていたら、個室に怪しい男が入ってくる!おまえ絶対チケット持ってないだろー。外を見たら、さらにヤバそうな男が待機してる。。・・・完全に狙われとるー。ががーん。

moguさまをなめるでないよー!と個室のドアを全開にして外の怪しい男に睨みをきかせる(多分あまり迫力はない)。男たちの動向をつねにチェック、車掌さんにチクッたりしながら追い出しに成功。スリだか何だかわからんが、確実に何か狙っていた様子。気を付けないとねー。

緊張感あふれる電車の旅を終えて、カサブランカに到着~。憧れリヤドに泊まった次の日のお宿はこちら。破産防止の「Ibis Hotel」。落差激しいー!
a0133338_13231922.jpg
あ。でも意外と良かったのよ?このホテル。清潔感もあるし。

カサブランカは観光地ではないので、みどころは少ないんだけど、有名なモスクはチェック。
a0133338_1326320.jpg
ここが思ってたよりも良かった~!モスクの後ろはすぐ海、巨大だし美しいしで大迫力。一見の価値ありです。
a0133338_13303392.jpg
お天気が良ければ最高の景色だと思われます。

そして町中探索。行列ができていた屋台の揚げパンをゲット!甘いジャムが入っていてすごくおいし~。
a0133338_13335716.jpg
市場見学も。が・・が・・・ここは無理ー!!涙。地元の人の台所は鶏や牛が大変なことにー。目を閉じて、耳もふさいで、全速力で駆け抜ける。住めない。わたし、ここには住めないー!
a0133338_1335553.jpg
ショックから立ち直らせようと、夫が海沿いのレストランに連れて行ってくれました。ナイスッ!カサブランカは海が近いので、魚介類がとってもおいしい。お魚やイカのフライなどを頼んで復活。最後の夜を楽しみました~。
a0133338_13444027.jpg

これにてモロッコ旅行記は終わり。夫は「モロッコは女の子の喜ぶ国だね」とちょっと物足りなかったみたいだけど(夫の基準に合わせると大変なことになるので無視)、可愛い雑貨においしい食べ物に砂漠に、本当に魅力たっぷりの国でした。
[PR]
by aya-0622-yama | 2011-04-30 14:01 | 旅行*モロッコ