アメリカ・フィラデルフィアで2年間を過ごし、2011年7月に帰国。なにげない毎日を楽しく綴ります。

by aya-0622-yama

モロッコ旅行記②

2日目の朝はリヤドの朝食からスタート。朝食のお部屋もとっても素敵。お世話をしてくれるおにーさんが、あっつあつのコーヒーとパン、しぼりたてのオレンジジュースを出してくれました。
a0133338_14423723.jpg
それにしてもモロッコの朝食はパンだらけ。色、形、配合、ちょびっとずつ変えてはいるけど、すべてパン。全部小麦粉じゃないか・・とつっこみどころ満載。おいしいからいいんだけどさ。

朝食後、迷路のようなメディナをグッルグル回ってマラケシュ観光。モロッコの家はドアが個性的。いろんな形、色で可愛い~。
a0133338_14433941.jpg
まずはバイア宮殿へ。この宮殿には現在もときどき国王が宿泊するらしく、かなり綺麗に管理されていました。色とりどりに細工されたタイルやランプがゴージャッス。
a0133338_1444459.jpg
エル・バディ宮殿。現在は廃墟となってしまっていて、ツルとハトの住みかに~。巨大なツルにビビリながら観光。
a0133338_1445151.jpg
アグノウ門。王が宮殿に行くために使われた門だとか。コーランの詩が刻まれています。
a0133338_14461722.jpg
ロバや馬が道にシャキーンとたたずむ姿が印象的。
a0133338_14465761.jpg
途中途中、山ほどある小さい雑貨屋さんを見たり、地元の人々の生活も見ることができておもしろーい。
a0133338_1448346.jpg

歩いていたら、偶然「世界!弾丸トラベラー」でスタイリストの風間ゆみえさんが訪れていた香水のお店を発見。デパートの香水ゾーンを歩くだけで、くしゃみが止まらなくなる夫を外に残して、目をギランギラン輝かせて物色。
a0133338_14483831.jpg
お昼は大好きなタジンをいただきます。この旅行中、毎日タジンを食べ続けていました(しかもチキンタジン)。おいしいとわかれば、そればかりを食べ続けるわたくしの習性によるものです。夫はクスクスをオーダー。
a0133338_14504420.jpg
そして午後はリヤドから荷物をひきずって宿をチェンジ。次の日から砂漠に行くのに、「リヤドはお湯が出ないかもしれない・・・」(実際はちゃんと出たんだけど)ということで、さすがにお風呂に入れないのは辛いと考え、ホテルに泊まることにしました。

この日のお宿は「ル・メリディアン・エンフェス」。ここも入り口からモロッコ臭全開。
a0133338_14512669.jpg
ヨーロッパからの観光客がのーんびりゆーっくり滞在するホテルのようで、私たち・・まるでボロ雑巾。ちーん。

ホテルを出て、またもやスークに突入。ひー買い物がとまらんー。モロッコに住む日本人デザイナーのお店でレザーを組み合わせたカゴバックを購入。バブーシュのお店では飾りをつけるところをお店のおじさんが実演してくれました(意外と細かい作業で、アホみたいに値切ったことに罪悪感。)
a0133338_14515991.jpg
頭にベルベル風に布を巻いてもらって大満足。

夜ホテルに帰るとライトアップされていて、これまたいい雰囲気です。
a0133338_14523038.jpg
実はホテルから「ハマム無料です」と言われ、さっそくやってみることにしたのです。

受け付けを済ませ地下に下りていくと、おねーさんが「はい、ここで脱いでどうぞー」とオープンスペースに2人放り込まれガーン。ハマムといってもただのサウナに夫とふたり、タオルを巻いて銭湯のおやじ仲間のように「あちーっすね。」と頭から湯気を出して終了。

ハマムってエステじゃないの~?夫と2人、脱水症状のまま2日目終了。明日はサハラ砂漠へ向かいます。
[PR]
by aya-0622-yama | 2011-04-07 15:01 | 旅行*モロッコ